【軽症者の宿泊施設ゼロ】玉城デニー知事「第二波は8月か11月頃だろうと考え、それまでに準備を整えておこうとしていた。その間に感染者がどんどん出てきてしまった」

御厨一彦さんのツイート

記者
菅官房長官は沖縄県は第一波で確保したホテルを6月中旬に解約。7月30日までホテルはゼロだったと。その間もホテルは確保すべきとの考えだと思うが

玉城沖縄県知事
第二波は8月か11月頃だろうと考え、それまでに準備を整えておこうとしていた。その間に感染者がどんどん出てきてしまった

玉城デニー プロフィール


玉城 デニーは、日本の政治家、元タレント。沖縄県知事。衆議院議員、自由党幹事長兼国会対策委員長、沖縄市議会議員などを歴任した。本名は玉城 康裕。知事業務上、法的効果が必要な文書には本名を使用している。
生年月日:1959年10月13日 (年齢 60歳)
玉城デニー - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

第二波の時期を推定する根拠が不明。専門家でも明言できないのに、テキトーな言い逃れを言ってますなぁ。要は、行政を司る能力がないということですよ。

典型的な「後手後手!」・・・ですね。

感染者がゼロだった岩手県でも、85床確保していたのに、沖縄県のみがゼロだったのは、県知事が全国一無能だったということですよね。

危機管理は起こってからでは遅いですから早め早めに手を打つべきだと思います、有能な方ならなんとか出来るのでしょうが玉木知事だと踊って誤魔化すか(笑)

(笑)(笑)(笑)左翼の定番の言い訳(笑)「やろうと思ってたのに」小学生か?(笑)震災時によく聞いたよ!同じ様な言い訳!(笑)

危機管理能力まるでなし。

沖縄県の県庁はとても立派で、部屋数も一杯あります。責任をとって沖縄県庁に入院させて下さい

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認