公明・山口代表、10万給付の巨額事務費用容認に、ネット「感覚おかしい」「誰の金やと」

公明・山口代表にネット「感覚おかしい」「誰の金やと」10万給付の巨額事務費用容認に

▼記事によると…

・政府が打ち出した18歳以下の子供への10万円給付をめぐり、5万円分をクーポン支給した場合に事務費用が967億円に及ぶことが批判を集めている。

与党公明党の山口那津男代表は30日の会見で、「一定の経費が現金給付よりはかさむことは当然で、やむを得ない」と語ったことが報じられた。

ネット上ではあきれる声が殺到。「おのれの金でやってみろ」「誰の金やと思てんねん」「税金は国民の金だ 無駄遣いするな」「もしもしー『やむを得ず』の意味、分かってますかー?」「感覚おかしいんじゃないの」などの声が上がった。

11/30(火) 22:37
https://news.yahoo.co.jp/articles/29999ac8d6380dfa36f6b077db1cab933115b2f7

山口那津男


山口 那津男は、日本の政治家、弁護士。公明党所属の参議院議員、公明党代表。 衆議院議員、防衛政務次官、新進党副幹事長、公明党参議院国会対策委員長、公明党政務調査会長などを歴任した。
生年月日: 1952年7月12日 (年齢 68歳)
山口那津男 - Wikipedia

ネット上のコメント

まさに寄生虫

意識は日本人に向いてないからどうでも良いのかも~シランケド

宗教団体が国政に関わるな

公明党は完全に野党

クーポン配布の事務費が莫大 この話しは毎回出てるけどね。 ネットなどで情報に触れる人が増えてきたってことこかな。

公明党とは、連立斬った方がいい

10万だから批判される!100万にしよう!!

 アンケート投票 & 結果確認


▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください▼