オミクロン株の感染者、日本初確認 ナミビアから入国の30代男性

オミクロン株の感染者 日本初確認 ナミビアから入国の30代男性

▼記事によると…

・政府関係者によりますと、アフリカ南部のナミビアから入国した30代の男性が、新型コロナの新たな変異ウイルス「オミクロン株」に感染していたことが確認されました。

・日本国内でオミクロン株の感染者が確認されたのは初めて。

全文を読む
2021年11月30日 15時50分

ナミビア


ナミビアはアフリカ南西部にある国で、大西洋の海岸線沿いに広がるナミブ砂漠が特徴的です。この国にはさまざまな野生動物が生息しており、中でもチーターの数が多いことで知られています。首都ウィントフックと海岸沿いのスワコプムントの町には、ドイツ植民地時代の建物が残っています。その代表的な例が、ウィントフックに残る 1907 年に建てられたキリスト教会です。北部にはエトーシャ国立公園の塩田が広がっており、サイやキリンなどの動物が集まります。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

オミクロン株わかる検査キットってもうあるの?

恐れていた事態がおきてしまいましたね

日本でも…

うわあ。。

修学旅行……

日本終わる

意外と早かったな。

 アンケート投票 & 結果確認


▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください▼