自民・福田達夫総務会長、林外相の中国訪問に肯定的な見解「国益を守るためにも関係づくりを」

自民・福田氏、外相訪中に肯定的

▼記事によると…

・自民党の福田達夫総務会長は26日の記者会見で、林芳正外相の中国訪問に肯定的な見解を示した。「国益を守るためにも関係づくりをしなければならない相手に外相の職務を果たすのは当たり前のことだ」と話した。

「関係が悪くなるとだんだんチャネルがなくなっていってキューバ危機のようなことが起きる」と語った。「厳しい関係になっている相手であればあるほどなんらかの対話のルートが必要だ」と述べた。

全文を読む
2021年11月26日 15:30
『日本経済新聞』のご購読お申し込みはこちら

福田達夫


福田 達夫は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、自由民主党総務会長。 防衛大臣政務官兼内閣府大臣政務官を歴任。 祖父は第67代内閣総理大臣の福田赳夫、父は第91代内閣総理大臣の福田康夫。衆議院議員の越智隆雄は従兄、元経済企画庁長官の越智通雄は義理の伯父にあたる。
生年月日: 1967年3月5日 (年齢 54歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

もしかして民主党時代並のことになってないか?

国益ではなく自分たちにもたらされる利益を守るための間違いでは?

謝謝3号か!

真っ先に会う相手ではないだろう。

国益か…「外相の職務を果たす」のが大切よね。怒鳴り込みに行くのかな?

親以上に息子が赤化していく福田家 もう真っ赤赤に火ダルマやね

チャイナマネーに溺れたいだけだろ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認