玉木雄一郎氏「中学生以下の子どもへの5万円給付の予算が7311億円。残りの半分の5万円分はクーポンで配られるが、その印刷費等に1200億円もかかることが判明」

玉木雄一郎氏のツイート

中学生以下の子どもへの5万円給付の予算が7311億円。

残りの半分の5万円分はクーポンで配られるが、その印刷費等に1200億円もかかることが判明。

しかも自治体の判断で現金給付も可能。

であれば全部現金で配ればいい。

この事務費のお金を使えば所得制限で対象から外れた世帯にも配ることができる。

愚策。

玉木雄一郎


玉木雄一郎は、日本の政治家、元大蔵・財務官僚。国民民主党所属の衆議院議員、国民民主党代表。YouTuber。民進党幹事長代理、旧希望の党共同代表、旧希望の党代表、旧国民民主党共同代表、旧国民民主党代表などを歴任。
生年月日: 1969年5月1日 (年齢 52歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

除外世帯です。せめて有効に使われるなら報われる所もありますがこの愚かさ。無駄遣い。くだらない利権が見え隠れする有り様。1割の家庭の精神的ダメージは政府や世の中が思うよりずっと深刻です。尊厳の問題だと思っています。

クーポンというより配布の度に新たに作るのが無駄と思います。なら流行病や災害、経済危機時の消費対策として政府公認の商品券の作成はどうですか?現金は海外流失の危険もあり、ギフト券なら消費の面も含めて効果はあると思います。絶対は無いですが選択肢として見ていただければ(・∀・)

貯金されるのが嫌やからクーポンにするんかもしれませんが、子育て世帯が将来の進学費用として貯めることは良いことだと思います。是非、全額現金給付にしていただきたい。

なんで国は日本銀行券を印刷しているのに別の券を刷るんでしょうね。どこの業者が刷るんでしょうね?余分に印刷したら錬金術ですね…そこきっちりお札と同じ罰があるんですかね?

どうせどっかの代理店→大手印刷→下請けに仕事回すって事ですよ…郵便局も儲かるか…

クーポンだから事業者は振込申請するんですよね。申請書類を書いて、印鑑証明書とか添付して、クーポンと一緒に提出。提出書類を審査する事務局を作って、申請内容を入力するシステムも構築して。振込手数料だけでも幾らかかるのでしょう

多分その業務委託は、パソナかパソナの関連企業!公約違反の新自由主義真っ盛りなり!

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。