「在留資格を持たない外国人にも医療保障を」共産党・山添、倉林議員が民医連の要請に参加

外国人に医療保障を 民医連が厚労省に要請

▼記事によると…

・全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)は24日、外国人の医療に関して、国籍や在留資格の有無にかかわらず、国の責任で適切な医療を受けられるよう厚生労働省と入管庁に求めました。日本共産党の倉林明子副委員長と山添拓参院議員が参加しました。

 在留資格を持たない外国人は、病気になっても健康保険に加入できず、経済的な問題で医療にかかれないことがあります。仮に医療機関にかかれても、医療費を払えず、医療機関側に経営的な負担がかかることも少なくありません。

全文を読む
2021年11月25日(木)

日本共産党


日本共産党は、日本の政党。科学的社会主義を理論的基礎とし、社会主義・共産主義の社会実現を目標とする左派・革新政党である。 略称は「共産党」、「共産」、「日共」。1字表記の際は、「共」と表記される。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

共産党系の病院で 自腹きって適応すれば良くね

医療保障云々の前に在留資格を持たない外国人が日本にいることの方が異常です。政治家ならば法に則って強制送還の徹底を訴えて下さい。

掛け金払ってるから使えるって前提知ってるか?

在留資格無いなら帰ってもらわなアカンでしょ そんなもんに医療保障してたら治療目的でなんぼでも日本に来ん?

自営業者がどんだけ保険料はろてると思ってんねん。

自分で外国に行ってその国に言ってみな。と思える案件。

それは優しさではない

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。