立憲民主党・福山幹事長、来年の参院選で落選危機… カギを握るのは“立民憎し”のかつての仲間

立民「福山幹事長」が来年の参院選で”落選危機” カギを握るのは“立民憎し”のかつてのお仲間

▼記事によると…

・福山氏の脅威となっているのが、新たに候補者を擁立予定の日本維新の党。さらに、かつて同じ釜の飯を食った“あの男”も、敵方に付きそうな気配で……。

・キーマンとなってくるのが、国民民主党の前原誠司氏なのである。中央ではすっかり見る影もなくなった前原氏だが、京都では10回連続当選を重ねてきた実力者。いま、前原氏は維新と急接近しているというのだ。

・「維新メンバーと勉強会を重ねるだけでなく、もともと昵懇な関係にある橋下氏とも、頻繁に会っているようです。地元の後援会に対しても『維新と保守改革の勢力を結集して参議院選挙に臨む』と話している。かつての側近である福山氏と完全に決別し、維新候補を全面的に支援しそうな気配です」(地元の政界関係者)

・「4年前、希望の党を立ち上げた小池百合子・東京都知事が『排除します』と発言したことで、野党が分裂した時の恨みもあるのでしょう。あの時、民進党党首だった前原さんは、希望の党への合流を決断したと責任者として“戦犯”扱いされました。あれ以来、前原さんと立民の重鎮たちの間には大きな溝が出来ているのです」(同前)

・「先の衆院選では、両党が敵対しないよう協力し合う覚書を交わしていました。ただ、前原さんは立民に応援要請まではしなかった。もちろん、応援など必要もないくらい選挙に強いということもありますが、根底にあるのは立民憎しなのです」(同前)

全文を読む
2021年11月26日

福山哲郎


福山 哲郎は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員、立憲民主党幹事長、同党京都府連合代表、学校法人瓜生山学園京都芸術大学教授、学校法人龍谷大学理事、学校法人瓜生山学園理事
生年月日: 1962年1月19日 (年齢 59歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

家の選挙区だよ、落としてやるよ。

維新は辻元清美を落選させて今度は陳哲郎を葬ることができるか 乞うご期待だな

前原さんが参院選(京都選挙区)で維新側に付くのはありがたいけど、問題は誰を推すのか、ですね。

今までの言動や仕事ぶりからして、福山哲郎は不要なので、落選危機じゃなく落ちないと駄目な存在。以上。

福山哲郎なんて落選→政界引退でよい。日本を貶めるのが快感なんじゃないのと思うことが多々ある。非難ばっかり。まぁ蓮舫も同じだけど。維新は辻元清美を落選させて、今度は福山哲郎落選を御願いします。

尾身先生を恫喝したのは福山でしたね。印象が悪いから落選かな。日本人のために政治をしてないと思います。

テレビでたまに演説を聞くが、どの候補者も現政権を倒せばかり。日本を共に住みよい国にとの考えがないのか。これでは、韓国と何ら変わりがない。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。