WHOが警告「コロナワクチンの感染予防効果は40% 」

コロナワクチン、感染予防効果は40% WHOが警告

▼記事によると…

・WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長は、接種済みの人の多くが、他の感染予防策がもはや不要になったと思い込んでいると指摘。だが感染力の強いデルタ株のまん延により、以前は約60%だったワクチンの感染予防効果が約40%に低下しており、接種を完了した人も感染予防策を続けなければいけないと訴えた。

・テドロス氏は「ワクチンは命を救うものだが、完全に感染を防ぐものではない」とし、接種をすれば重症化や死亡のリスクはかなり低くなるが、自身が感染したり、他人に感染させたりするリスクはあると説明。接種後も、マスクを着け、対人距離を保ち、人混みを避け、人と会う時は屋外か通気の良い屋内にする、などの対策を怠らないよう呼び掛けた。

全文を読む
11/25(木) 6:37

テドロス・アダノム


テドロス・アダノム・ゲブレイェソスは、エチオピア出身の活動家、マラリア研究者。学位はPh.D.。世界保健機関事務局長。ゲブレイェソスはゲブレイェススと表記されることもある。 保健大臣、世界エイズ・結核・マラリア対策基金理事長、外務大臣などを歴任した。
生年月日: 1965年3月3日 (年齢 56歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

今のWHOが何を言っても説得力は生まれない。

コロナワクチンアップデートは、今後とも続くんだね 製薬会社大儲かりですねー

早よ辞めれ(^-^)

日本は?

だから、何?

お前の言うこと、世界は聞かない

コイツ、習近平と結託してパンデミック起こした張本人が何言ってんだ

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。