“東京五輪は開催できる状況にない(5/26)”の渋谷健司氏「間もなく感染の新たな波がやってくるだろう」

接種率75%超の日本、ワクチン忌避から一転して成功に

▼記事によると…

(前略)

・渋谷氏は、日本で人々はマスクをしたり社会的距離を確保したりして非常にうまく行動していたが、今ではそうした振る舞いがなくなってしまったと指摘する。

ワクチン接種の展開が成功し、緊急事態が解除されたことで、人々は職場に戻り、パブやレストランへ出かけるようになった。

1年半もの間、人と人を遠ざけていた恐怖感は薄れつつある。

渋谷氏は、現在の非常に低い感染率は長くは続かないとみている。日本の状況は欧州に比べて1~2カ月遅れているため、間もなく感染の新たな波がやってくるだろうとしている。

全文を読む
2021/11/22

関連ツイート

渋谷健司


渋谷 健司は、日本の医師、医学者である。相馬市 市新型コロナウイルスワクチン接種メディカルセンター・センター長。
生年月日: 1966年 (年齢 55歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

水際対策を緩めるなら、誰だって分かるはず。国民の命より経済回すほうが大切という政権っすから。

言うだけ番長や

ケッ!

博士号と医師免許をBETして発言しろ

というなら、今まで通り気をつける人は気をつけて、予防接種妨害してるようなのがかかってくると

予測屋

またこの人かぁ

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。