辞職決断の木下都議が“恨み節”「父の安全が脅かされる事態に」 「理不尽な現実に悩んだ」

木下都議 辞職決断の理由「父の安全が脅かされる事態に」 「理不尽な現実に悩んだ」と“恨み節”も

▼記事によると…

・無免許運転による人身事故を巡り、東京都議会で2度の辞職勧告決議を受けた木下富美子都議(55)が22日、都庁で会見し、辞職する意向を明らかした。決断にいたった理由も説明。小池百合子都知事からの助言があったとし、「父の安全が脅かされる事態となりました」とも明かした。

・木下氏は会見の冒頭で一連の問題を神妙な面持ちで謝罪、運転免許再取得をしないことなどを話した。「辞職の決断について申し上げます」と切り出した場面。「今回、私が刑事訴追の可能性との間で十分な説明責任を果たせなかったために、大切な両親、そして齢85になる父の安全が脅かされる事態となりました」と告白した。「これ以上家族を巻き込むことはできない、これも辞職の決断に至る理由となりました」と続けた。

全文を読む
11/22(月) 19:18

木下富美子


木下 富美子は、日本の政治家。東京都議会議員。活動名および議員名簿上の表記は木下ふみこ。
生年月日: 1966年10月13日 (年齢 55歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

選挙中、無免許運転で事故してるんやから、妥当な現実じゃ。

「父の安全が脅かされる事態に」って?事が発覚した時点で、謝罪あるいは辞職してたら、そうならないでしょう!

安定の被害者ポジション。

コンビニのバイトからでも始めろ。すべておまえが悪い

さっさと辞めないのが悪い

お前が元凶だろうが、何が「理不尽」だ。真っ当だろうが、いい加減にしろ

すべて、自分のせいだよ。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。