百田尚樹氏、国民・玉木代表に驚き「頭がおかしくなっているのか…」

百田尚樹氏が国民民主・玉木代表に驚き「頭がおかしくなっているのか…」

▼記事によると…

・作家の百田尚樹氏(65)が20日、ツイッターを更新。

・百田氏は「値上げ続々…主な理由は原油価格の高騰だ。やはり国民民主党が公約で掲げた『トリガー条項』の凍結解除で、ガソリン価格を25・1円/ℓ分引き下げるべきだ。消費税減税並みの効果が期待できる」というガソリン価格高騰に対する玉木氏のツイッターの投稿を引用。

 その上で「なんか、最近、玉木議員がどんどんまともなことを言い始めているのだが…」と驚きを隠せない様子で「成長したのか、頭がおかしくなっているのか…」となどとつづった。

全文を読む
11/20(土) 17:54

百田尚樹


百田 尚樹は、日本の放送作家、小説家。代表作に『永遠の0』や『海賊と呼ばれた男』などがある。 2019年12月時点での著作の累計発行部数は2000万部を超える。
生年月日: 1956年2月23日 (年齢 65歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

百田の言い方は別にして玉木さんはいい意味で変わりましたね 野党共闘を断った時にリベラルの論者などに馬鹿にされたり、憲法改正を話し合うべきだと言ったときにSNSで脅迫まがいの行動も受けましたが ぶれずに今のままの姿勢でいってほしいですね

たしかに最近、国民民主は 立民を見限って維新に寄っていくという マトモな判断と行動が出来ている。百田さん独特の表現だが評価してるのでは。

元民主党というだけで侮るべきではない。玉木さんのYou Tubeを見れば、彼がいかに国民のことを考え、建設的に筋の通った政治をしようとしているかよくわかる。

百田さん独特の皮肉だろうが、最近、玉木さんは確かに野党らしからぬ言動が目立つのは事実。立憲や共産とは一線を画し路線変更を目指しているとしたら良いことだと思う。

自分もそう思う、今の自民党よりズバズバまともなことを言うようになった。何かのタガが外れたのか。このまま行けば議席が増えてしまうそ

維新と組むと言っても憲法改正など部分的なところのみ。国民民主は岸田以上の積極的財政出動、維新は財政緊縮派。積極的財政出動の部分は絶対に曲げないでいただきたい。

何か、政権を担える野党として国民民主が出てきそうな予感。焦らずに、党勢拡大をすべきだな。労組も世代交代してきたから現実をみて立民から国民民主へと支持を変えてくる予感。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。