北京冬季五輪、英も外交ボイコット検討

英も外交ボイコット検討か 北京冬季五輪

・英紙タイムズ電子版は20日、ジョンソン首相が中国の人権問題に抗議するため、来年2月の北京冬季五輪に閣僚らを派遣しない「外交ボイコット」を検討していると伝えた。

・トラス外相は賛成している。閣僚を送らず、駐中国大使を五輪に出席させる案が検討されている。

全文を読む
2021/11/20 12:21
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

ボリス・ジョンソン


アレクサンダー・ボリス・ド・フェファル・ジョンソンは、イギリスの政治家。第77代イギリス首相、第28代保守党党首。ジャーナリスト、歴史家、庶民院議員を2期、第2代ロンドン市長を歴任し、その後再び庶民院議員、テリーザ・メイ政権での第18代外務・英連邦大臣などを経て、2019年7月23日に第28代保守党党首に選出。
生年月日: 1964年6月19日 (年齢 57歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

日本まさかの、、

日本はどうするのかな??強気の外交を望んでいます

日本も続いておくれぇ٩( 'ω' )و

ボイコット一択で ...!!

岸田さんどうする?

米英はいつも足並みが揃うね。外交的ボイコットはあまり効果ないと思うけど、それすらできない日本は本当に情けない

ジョンソン来たー さすがやね。実際ボイコットは選手かわいそうだから良い落とし所探るはず。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。