週刊金曜日・文聖姫編集長「日韓、理解する人が減って遠ざかっている」

在日コリアン2世「週刊金曜日」新編集長「日韓、理解する人が減って遠ざかっている」

・「私もマイノリティです。どんな気持ちなのか、誰よりもよくわかります。言いたいことがあっても言えない人々の声を伝えたいです」

2日、日本の進歩派雑誌「週刊金曜日」は、興味深い人事を発表した。「朝鮮新報」の記者出身で「北朝鮮経済」博士でもある文聖姫(ムン・ソンヒ)さん(59)を編集長に任命するという内容だった。28年続く同誌で在日コリアンが編集長になったのは今回が初めて。任期は3年、中間評価もある。

15日、東京の古本屋街のある東京・神保町の「週刊金曜日」の事務所で文編集長にインタビューした。

(略)

全文を読む
2021-11-19 12:19

週刊金曜日


『金曜日』は、株式会社金曜日が発行する主に政治・社会・環境問題を扱う週刊誌。 創刊当初5万3千部だった定期購読部数は、2018年9月現在1万3千部。
2018年9月、植村隆が代表取締役社長兼発行人に就任。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

週刊金曜日らしいっちゃーらしい人選・・・かw

理解出来てきたから遠ざかってんだよ

君らの功績

あら、元々水と油。 液体であっても混ざり合わない。

理解しているから、「遠ざかっている」んですが・・・。

到底理解出来ないからな

理解が進んだからでは?

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。