中国人民解放軍国防大学 教授、東沙諸島奪取演習を明言

東沙奪取演習を明言 中国軍、南シナ海で緊張も

▼記事によると…

・中国人民解放軍国防大学の李大光教授は香港の親中系雑誌「紫荊」8月号に発表した寄稿で、中国軍は8月に南シナ海で、台湾が実効支配する東沙諸島の奪取を目標とする大規模な上陸演習を行うと指摘した。実施の具体的な時期や場所については明示していない。

・李教授は、東沙諸島は中国軍が基地のある海南島から太平洋へ向かう際の戦略的要衝にある。台湾が米軍に東沙諸島を貸与し、軍事活動を許せば中国軍の活動に悪影響すると述べた。

2020.8.3 10:54
https://www.sankei.com/world/news/200803/wor2008030007-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

中国人民解放軍国防大学


中国人民解放軍国防大学は、中国人民解放軍中高級指揮官の教育機関。1985年12月、北京に創設。中国最高の軍事学校であるが、学部生の受け入れを行っていない。
中国人民解放軍国防大学 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

中国も瀬戸際外交。かなり必死であると予想される。動きが活発になればなるほど焦っている証拠だと思う。日本はこの先、どちら側に立つつもりか?二枚舌外交やってる場合じゃない。

緊張高まるのはむしろ良いこと。こちらとしても動く口実ができる。

今はトランプが頑張ってくれてるからあれだけどバイデン石破体制になったら世界はとんでもないことになるからな。

こりゃもう、カウントダウンですね。

ケネディやフルシチョフと違って習近平もトランプも戦後生まれでケンカのやり方を知らないから逆に怖いな。

世界で唯一世界征服を目指す世界の国

ここまで賢くないと、最後やけ起こしそうで嫌なんだよな

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします