【動画】韓国系アメリカ人の少女、バスケットボールの試合中に突然相手選手に殴られる…

アジア系米国人の少女、バスケットボール試合中に暴行される…加害者母親が扇動するような発言も=韓国報道

・韓国系の父親と中国系の母親の間に生まれたアジア系アメリカ人の15歳少女が、バスケットボール試合中に相手チームの選手により暴行される事件が起きた。

・韓国系アメリカ人の15歳の少女は、シュートが失敗したことに腹を立てた相手チームの14歳の少女に拳で殴られて脳振盪を起こした。

一方、加害者の学生は、NBAのシカゴ・ブルズで活躍したコーリー・ベンジャミンの娘で、すでにいろんな大学からラブコールされている有望株だ。

全文を読む
11/12(金) 10:50

動画を見る

バスケットボール


バスケットボールは、1891年にアメリカの国際YMCAの体育教師、ネイスミスによって考案されたスポーツで5人対5人の2チームが、一つのボールを手で扱い、長方形のコート上の両端に設置された高さ305cm、直径45cmのリング状のバスケットにボールを上方から通すことで得点を競う球技である。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

このニュースが本当なら,結構大変な問題だな。自分がシュートミスして,そのイライラを相手に拳でぶつけたんだろ。身勝手すぎるね。相手がだれであれ,これはいかんだろ。

動画みたけど、加害側は殴っただけじゃなくてシュート直後にわざとらしく倒れるフリしながら肘打ちしてるね。

大変傷ましく悲しい出来事だ。どんな理由があろうとも暴力を振るうことは許されない。

勝つための母親のアドバイスが「小さなあの子を殴って倒せ」。アメリカすごいな。

これは絶対手慣れている。さりげなく強烈なのをかませて、さりげなくその場を離れている。ここまでの大事にならなかっただけで、これに似たようなことはさんざんやってきたはず。相手からラフプレーを仕掛けられてつい感情的になって…とかとは全然違う。

映像見たけど、普通にダメだろ、人種差別とかはよくわからんから別にして、単純に暴行なだけでスポーツじゃない、加害者側もそれなりのペナルティを人生そのものにかけていかなきゃだめだろうね。母親が扇動

年齢的に中学生の試合ですよね? こんなこと日本なら考えられないと思うんだけど、、、

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。