【大量廃棄】議員会館のゴミ捨て場、胡蝶蘭で溢れる…

議員会館の悪しき慣習…「胡蝶蘭」の“大量廃棄の現場”

▼記事によると…

・胡蝶蘭(こちょうらん)の花は通常ならば1~3ヵ月間も咲き続けるという。捨てるのはもったいない、そんな意識は永田町の住人には皆無なのだろうか?

・写真は10月中旬に東京・永田町にある衆議院議員会館のゴミ捨て場を、関係者が撮影したものだ。高価な胡蝶蘭がズラリと並んでいる。しかも多くがビニールカバーで包装されたまま。これらは一時的に置かれているわけではない。ゴミ回収の業者によって廃棄され、翌日には綺麗さっぱり消えてしまう。

あるベテラン議員秘書が説明する。

「岸田文雄内閣発足に際して、自民党の役員や大臣・副大臣・政務官に就任した議員宛てに、各種団体や企業、後援者から議員会館にお祝いの胡蝶蘭が大量に届いたんです。受け取った各議員は、事務所に飾りきれない分は関係各所に配るのですが、それでも余るので、捨てるしかないんですよ……」

11/11(木) 9:02
https://news.yahoo.co.jp/articles/43d9b12fe338fd9f7193b48e4590d1caacb0f486

コチョウラン


コチョウランは、ラン科植物の一つ。東南アジアに分布し、白い花をつける。この名は他の意味にも使われるが、ここではこの種のみについて記す。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

長く持つ花です 配るなり何なりして下さい!

胡蝶蘭を育てた人はこれを見て、売り上げが上がればそれで良いととらえるか、いやいやそんな人達には買ってほしくないと感じるか

議員なら再利用を図るべきでしょうね。引く手あまただと思いますよ。お花が泣いています

えっ…?欲しいひとに配らないの?

造花レンタルにしたらええのに。それこそエコやん。

造花レンタルにしたらええのに。それこそエコやん。

要らないならほしい

\\SNSで記事をシェア//

X(旧Twitter)でシェアニュースを