公明・山口代表、一律10万円給付の意義強調「大学生はアルバイトが可能な人もいるし、奨学金が利用できる人もいる」

「大人の所得で子ども分断すべきでない」公明・山口代表が一律10万円給付の意義強調

▼記事によると…

・関西テレビの「報道ランナー」に出演した山口代表は、「コロナの影響で昨年、不登校や自殺をした子どもの数が過去最多となった。食費や通信費もかさんでいる。そうした子ども達を社会全体で応援していくメッセージを届ける必要があるので提案した」とした上で、給付に当たり所得制限を設けるべきだとの指摘に対しては「大人の所得や大人の都合で子どもを分断するべきではない」と改めて強調した。

さらに「18歳を超えた大学生の方がお金がかかる。困窮している大学生を支援すべきではないか」との指摘に対しては「大学生の方がお金がかかるというのは最もだと思う。一方で、大学生はアルバイトが可能な人もいるし、奨学金が利用できる人もいるので、高校生以下の世代の人とは少し違う所がある」と述べ、対象を「18歳以下の子ども」で区切った理由を説明した上で、「大学生以上の世代でも生活が困窮したり学業維持が難しい人の困窮に着目した支援は別途提案して考えている」と述べた。

11/8(月) 18:57
https://news.yahoo.co.jp/articles/085a78f990bf931341d96d536e59eb159d33480e

山口那津男


山口 那津男は、日本の政治家、弁護士。公明党所属の参議院議員、公明党代表。 衆議院議員、防衛政務次官、新進党副幹事長、公明党参議院国会対策委員長、公明党政務調査会長などを歴任した。
生年月日: 1952年7月12日 (年齢 69歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

日本国憲法で保障されている学問の自由を全否定してきてるなw

「アルバイトが可能な人もいるし、奨学金が利用できる人もいる」ってことは「アルバイトが不可能な人もいるし、奨学金が利用できない人もいる」ことはご存じなんでしょうね。

高校生もバイトはできるし、奨学金も利用できます。高校生の時は私立でも県からの助成があり、経済的に大変だとは思いませんでしたが、国立大学に通うようになった途端コロナ渦。学費は満額、自宅でずっとオンライン授業、バイトもままならない状況で、正直今までで一番大変です。

大学生でも今じゃバイトもできん人増えてるよ!!1人暮しだってしている子だっている!

高校生でもバイトできるわ。そういう論法なら中学生以下にすべきだった。

マクドナルドは高校生だらけですわ。

コロナでバイト先は減ったし奨学金はキチンと利息のついた借金なのに…。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。