日本ゴルフツアー機構副会長・石川遼さん、帰国直後に“自主隔離”無視しゴルフ&飲み会

石川遼 帰国直後に “自主隔離“ を無視してゴルフ、飲み会…「選手会副会長」自覚ナシの傍若無人

▼記事によると…

・いったい彼はどんな「隔離生活」を送っているのか。ゴルフ場関係者が、石川の様子をこう明かした。

「彼は、田中剛コーチやゴルフ場のスタッフなど、多いときは合わせて3~4名で一緒に過ごしています。基本的に、午前中は練習場の一角でショット練習に励み、昼食後はコースへ出ています。さらに夜になると、彼らは毎晩のように飲み会をしていたのです」

 石川が滞在しているこの千葉県内のゴルフコースは、メジャー大会も開催されたことがある県内屈指の名門クラブだ。豪華なクラブハウスを備え、食事にも定評がある。石川は現在、ジャパンゴルフツアー選手会と日本ゴルフツアー機構(JGTO)で副会長の重責を担っている。

 日本ゴルフツアーの統括団体であるJGTOは、コロナ禍で感染症対策の規程を昨年から5回改訂するなど精力的なコロナ対策を講じてきた。石川は、その規程改訂を主導する立場だったにもかかわらず、待機期間を無視して練習をおこなっていたのだ。

11/8(月) 11:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/ddbe10dcecf3d29331de09483a9448adc0bee510

石川遼


石川 遼は、埼玉県北葛飾郡松伏町出身のプロゴルファー。カシオ計算機所属。ニックネームは「ハニカミ王子」。男子ツアー世界最年少優勝、日本での最年少賞金王記録保持者。 2020年3月25日、日本ゴルフツアー機構は石川遼の副会長の再任を決めた。身長175.7cm。
生年月日: 1991年9月17日 (年齢 30歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

これは副会長としての自覚ゼロでアウトだと思いますね。コロナが収まって来てきているとはいえ、だからこそ油断禁物、毎晩飲み会とは論外。副会長辞任が妥当だと思う。

全米オープン後、オリンピックの補欠3番手のくせして特別強化選手とかいって隔離免除で試合出場してたもんなww協会はもう彼を特別扱いするのはやめましょう。彼が出場しても集客に繋がらないのは数年前からわかってるでしょう。いい加減現実をみてほしいです

何故彼が今の地位なのか、自覚と行動が全てゴルフプレーに出ています、未だに自分は特別だと大勘違いしていますね。国内試合はしばらく出ないでしょう、副会長も辞任ですね。

これは、さすがにマズイね。だから男子ツアーって人気が無いんだよね。お手本にならないといけない立場なのに協会としてはコンプライアンス違反。厳し対応をお願いします。

アマチュアからプロデビュー直後の、華々しい活躍が、最近は影を潜めている石川遼クンとは言え、クリーンなイメージをずっと持っていただけに、残念。

こうやってゴルフの成績以外で話題になるようになったら終わり。過去の人にならない様もう一度気を引き締めて欲しいものだ。

期待をどんどん裏切るなあ。成績のアップダウンは仕方がないけど、こういう行為はほんとにファンを失うよ。選手会副会長とか関係なくプロゴルファーとして失格でしょ。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。