【衆院選】毎日新聞『立憲民主党と国民民主党がそろって略称を「民主党」として届け出たため有権者の思いが正しく反映されなかった!』

衆院選「民主党」案分票は400万票? 「有権者の思い反映されず」

▼記事によると…

・全国で400万票もの票が「案分票」となっていたら、公正な選挙と言えるだろうか――。

10月31日に投開票された衆院選の比例代表で、立憲民主党と国民民主党がそろって略称を「民主党」として届け出たため、得票の割合に応じて票を振り分ける「案分票」が大量に生じた可能性がある。

静岡県の場合、静岡市葵区で7955票もの案分票が発生。有権者の「1票」にかけた思いが正しく反映されなかったといえる。

2021/11/4 19:02
https://mainichi.jp/articles/20211104/k00/00m/010/199000c
『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

第49回衆議院議員総選挙


第49回衆議院議員総選挙は、2021年10月31日に日本で執行された国会議員の総選挙である。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

案分じゃなかったら立憲民主党が減っていた可能性もあるな

あほくさ(笑)

どっちでも良かったんじゃないかな。

簡単な政党名すら正しく書けないポンコツが400万人もいる?1

そのうち200万票は自由「民主党」かもしれない

立憲が立共にしなかったのが悪いw

そんな違いも分からず、自分の意思で投票したと?寝言は寝てから言うものですよ(笑)

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。