国民民主党、維新との連携も視野 玉木代表「国会で大きな力になる」

国民、維新との連携も視野 玉木代表「国会で大きな力になる」

▼記事によると…

・国民民主党の玉木雄一郎代表は1日、衆院選の結果を受けた今後の国会で、日本維新の会との連携を視野に入れる考えを示した。国民、維新の衆院議席を合計すると52人となり、衆院で予算措置を伴う議員立法を提出できる50人を超える。玉木氏は「国会で大きな力になる。政策の一致する範囲で協力できるところはぜひ取り組みたい」と意欲を示した。

・玉木氏は維新との協力について、旧民主党時代、武力攻撃に至らないグレーゾーン事態に対処する「領域警備法案」を共同提案したケースを例示した。別の国民関係者は、共産と距離を置く維新、国民による「2位・3位連合」の可能性を指摘し、「いろいろな政治的組み合わせが出てくる」と期待をのぞかせた。

2021/11/1 20:33
https://mainichi.jp/articles/20211101/k00/00m/010/311000c
『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

玉木雄一郎


玉木雄一郎は、日本の政治家、元大蔵・財務官僚。国民民主党所属の衆議院議員、国民民主党代表。YouTuber。民進党幹事長代理、旧希望の党共同代表、旧希望の党代表、旧国民民主党共同代表、旧国民民主党代表などを歴任。
生年月日: 1969年5月1日 (年齢 52歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

表裏一体みたいな……。憲法改正賛成勢力が徐々に融合していって、気付いた時には、圧倒的巨大勢力になって、突然、その本性を現すのでしょう。

連携ではなく吸収合併されてください。

やっぱり旧民社党的地金が出てくる悪夢。とはいえ、連合はそう簡単に容認しないのでは。

でたー

こらアカンわ

だから信頼出来ないのだよ。

予想通り過ぎて驚かない

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。