共産・志位氏、辞任せず「残念ながらこういう結果になったが、方針そのものは正確だった」

共産・志位氏、辞任せず 衆院選退潮も責任論を否定

▼記事によると…

・共産党の志位和夫委員長は1日の記者会見で、今回の衆院選で公示前から2となる10議席に終わったことなどに関連し、引責辞任する考えがないことを明らかにした。

・志位氏は「間違った政治方針をとった場合は責任が当然出てくる」としつつ、「残念ながらこういう結果になったが、方針そのものは正確だったと確信を持っている。そういう点で私は責任ということはないと考えている」と明言した。

2021/11/1 19:57
https://www.sankei.com/article/20211101-ABTR26DZYVK7JC4S2FOJBFD5OQ/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

志位和夫


志位 和夫は、日本の政治家。衆議院議員。 1990年から2000年まで日本共産党書記局長を務め、2000年に日本共産党委員長に就任。以来21年間もの間同党委員長に在任している。ネットでのあだ名は「C委員長」「C和夫」
生年月日: 1954年7月29日 (年齢 67歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

それ言い出したら責任なんて何もなくなる。志位はこれで死ぬまで独裁を続ける。あーヤダヤダ。

つまり、永久に責任を取って辞めることはありません。(意訳)

間違ってるから議席取れんのやろ

× 責任を取らない ○ 取る責任がない 初めから何も背負ってないやで

なるほど。「良き」意思が有れば「結果」は問わない、と。きっとスターリンもそう思っていただろうねえ〜

共産党は議席減らしたんだから、それが国民の声であって、それ以上でもそれ以下でも無い!

いわゆる「オレの出方理論」w

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。