立憲・福山氏「私の心は決まっていますが、党のあり方等、近々ご報告させて頂きます」

福山哲郎氏のツイート

昨日の総選挙で、立憲ならびに候補者にご支援を賜った皆様に心から感謝申し上げます。

96議席の獲得で現有議席を減らしたことは、痛恨の極みであり、多くの仲間を国会に戻すことが出来ず、申し訳ありません。執行部全体の責任です。

私の心は決まっていますが、党のあり方等、近々ご報告させて頂きます。

福山哲郎


福山 哲郎は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員、立憲民主党幹事長、同党京都府連合代表、学校法人瓜生山学園京都芸術大学教授、学校法人龍谷大学理事、学校法人瓜生山学園理事。
福山哲郎 - Wikipedia

ネット上のコメント

立憲には福山先生のお力が必要です! 考え直してくれるようお願いします(´Д`)

共産党と組んだのはマイナスです。あと小西議員の訴訟も国民からしたら、意見を聞かない政治家を有する政党に認識されます

あなたも含め皆様、マジで自業自得ですね

福山さんお一人の責任では決してありません。悪夢の民主党政権と言われた時代と何ら変わらない党執行部の体制が全てです。どうぞメンバー総入替していただき、共産党と共に新しい民主主義の枠組みとやらを目指されてはいかがでしょうか。

野党共闘第一党なら、もう少し、しっかり地盤固めなどしないと。共闘で、選挙辞退する方も、いるわけですから。野党どうし、歩みよって審議を、速やかに、進めてもらいたい。公約の、実現を、願います。

「時間があればコロナもやります」立憲民主党の衰退の原因は、この言葉に全てが凝縮されているように感じます。結果が全て、という政治家の出処進退を率先垂範する潔さは、その発言者である福山幹事長らしい潔さです。

福山さん、辞めないでください。参院選が、来年7月に迫っているんです。あと、9ヵ月しかありません。参院選で勝利しましょう。結構以来、まだ4年。これからが勝負時です。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを