立憲民主党・枝野氏、2日までに代表職の進退判断

立民・枝野氏、2日までに代表職の進退判断

▼記事によると…

・立憲民主党の枝野幸男代表は1日午前、衆院選で公示前勢力(110議席)を下回る96議席に終わったことを受け、代表職の進退について2日までに判断する考えを示した。東京都内で記者団に「何人かと相談し、明日の党執行役員会までに考え方を示す」と語った。

衆院選の敗因や共産党との選挙協力の成否については「しっかり分析したい」と述べるにとどめた。

11/1(月) 12:39
https://news.yahoo.co.jp/articles/ea0d742dce61dfac7e4adf9c83a08a4b63dbc40a

枝野幸男


枝野 幸男は、日本の政治家、弁護士。立憲民主党所属の衆議院議員、立憲民主党代表。 旧民主党政策調査会長、民主党政策調査会長、民主党幹事長、内閣府特命担当大臣、内閣官房長官、内閣府特命担当大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣、民進党幹事長、旧立憲民主党代表などを歴任。
生年月日: 1964年5月31日 (年齢 57歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

あれれ?揺れてるの?

なんだろう、誰かに止めて欲しいのかな?

え?続けるんじゃなかったのか。

まぁ、権力に執着してますからねぇ 代表辞任は無いでしょうねぇ

連合の会長から叱咤されて 次の当番(参議院選挙)で、成果を奮わなかったら、落とす格好でしょうね 個人的には、即日代表辞レベルなんですがね

政権選択選挙で選ばれなかったのだから辞任が当然。誰が代表でも変わらないと思うけど。

遅過ぎないか、枝野幸男くん



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを