立憲・枝野代表「自民党と一騎打ちをつくるのが最大野党として目指すべき形。多くの選挙区で接戦に持ち込めたので一定の効果があった」

NHK選挙報道のツイート

立憲民主党の枝野代表はNHKの開票速報番組でコメント。

自民党と一騎打ちをつくるのが最大野党として目指すべき形だとして進めてきた。その結果、多くの選挙区で接戦に持ち込めたので一定の効果があった

立憲民主党


立憲民主党は、2017年10月に結党し、2020年9月14日に解党した日本の政党。民進党代表代行であった枝野幸男を中心に、立憲主義・草の根民主主義を掲げて結党された。 結成当初の略称は「民主党」であったが、2019年4月から解党までの略称は「りっけん」であった。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

えらい大汗かいとるやないか。政権選択選挙じゃなかったんかい。

政権交代を謳っておきながら、一定の効果で満足とは…所詮はその程度の思いってことだね!

代表が接戦なのはどうなんすかね

ダセぇ

自画自賛はイランから。

責任責任と言うクセに、自分のこととなったら保身に走る典型。立憲はあの頃の民主党と何も変わらない。

毎回、毎回、反省もせず誰も責任を取らない
だからダメなんですよ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを