小室佳代さん、軽井沢では“偽名”で働いていた… 不正受給疑惑に新証言 

小室佳代さん、不正受給疑惑に新証言 軽井沢では“偽名”で働いていた

▼記事によると…

・眞子さんと小室圭さんの結婚会見でも触れられた、小室さんの母・佳代さんの金銭トラブル。現時点ではまだトラブルが解決していないことが確認されたが、当事者の佳代さんには動きがないままだ。

・佳代さんに、警察と検察の捜査の網が刻一刻と及びつつある。

(略)

・傷病手当金を受給していた時期。佳代さんには後ろめたい思いがあったのだろうか。佳代さんの知人は、ある驚く光景を目の当たりにした。

「佳代さん、偽名を使っていたんですよ。お店の人からは、“あーちゃん”と呼ばれていて、バレたくないんだと思いました。それならホールに立たなければいいのに……。ただ、偽名を使っても佳代さんへの客からの視線は変わりませんでしたね」

その視線に気づいたのか、翌2019年には佳代さん本人が人前に出るのを避けたかったようで、厨房などバックヤードでの仕事に変えたという。

10/28(木) 7:05
https://news.yahoo.co.jp/articles/d558dd91fa6fa4e32b3d66497b324b9157b0cd74

小室圭


生年月日: 1991年10月5日 (年齢 30歳)
学歴: フォーダム ユニバーシティ スクール オブ ロウ、 国際基督教大学、 Canadian International School、 一橋大学

ネット上のコメント

これはこれで、きちんと調べてはっきりさせないといけませんよね。

この傷病手当金不正受給疑惑については、当初は夏の繁忙期のみ臨時勤務と報じられていた。が、篠原常一郎さんの調査で、冬の店を閉めている期間以外の常時雇用、週休2日勤務と判明したとのこと。再告発でどう判断されるか、注目です。

月2万程度のアルバイト収入(最高16万)を申告せず月額12万円の生活保護費を受給した清掃作業員の63歳女性は逮捕されてます。遺族年金・労災の傷病手当不正受給疑惑の有る小室佳代氏についても厳正で公正な捜査の対象にすべきだと思います。ロイヤル忖度は許されません。

なかったことするのは違うと思う。

偽装工作までして悪質。

興信所でも調べられるレベル。当然宮内庁から秋篠宮家に報告されてたはず。強行突破。歴史の中でも、皇室史上最大の汚点となる会見を私達は見てしまった。

どんどん調べ、どんどん記事にするべきだ。なあんだ、不正受給しても良いんだ、ってさせては絶対にならない。それともこれもロイヤルパワーで捜査できない?

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。