デイリー新潮『山口環境大臣、“凄絶パワハラ”で秘書が大量逃走 オカルト団体に傾倒で武田良太氏を「呪い殺す」』

山口環境大臣、“凄絶パワハラ”で秘書が大量逃走 オカルト団体に傾倒で武田良太氏を「呪い殺す」

▼記事によると…

・小泉進次郎前大臣を継いだ山口壯(つよし)新環境大臣(67)。実は秘書へのパワハラが常態化しており、「秘書が大量逃走してきた」と関係者が証言する。さらに、オカルト団体に傾倒しており、武田良太前総務大臣を「呪い殺す」とのトンデモ発言をしたこともあるという。

・秘書を怒鳴るなどのパワハラ行為は常習だった。さる事務所関係者が明かす。

「激高すると手が付けられなくなり、事務所内で壁を蹴りつけたり、電話をぶん投げたりすることもありました。選挙の時に、ボランティアで後援者の知人が選挙カーの運転手を務めてくれたことがあるんです。でも、道を間違えると、いきなり車内のガラスを叩いて“何やってんだ!”と怒鳴り散らす」

時と場所を選ばぬ恐ろしさだったようで、

「秘書として事務所に入ると、“親の死に目には会えない”ことが鉄則として伝えられます。ある秘書の父親が亡くなった時もその最期に立ち会えず、せめて通夜には出たいと申し出たのです。ところが、通夜の直前に山口さんから秘書に電話があり、“あの書類はどうなっているんだ!”と怒鳴られ、秘書が“もうすぐ喪主の挨拶ですので……”と言っても、“そんなもん関係ない!”と一蹴される始末でした」(同)

2021年10月28日号掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/10270556/?all=1

山口壯


山口 壯は、日本の政治家、外交官。環境大臣、自由民主党所属の衆議院議員。 外務副大臣、内閣府副大臣、衆議院安全保障委員長、民主党政策調査会筆頭副会長等を務めた。
生年月日: 1954年10月3日 (年齢 67歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

新環境大臣、気候変動以前に自分の奇行をなんとかすべきレベル

オカルトに凝っていることをどうこう言う気はないが、太陽光発電にあんなに傾倒しているのはどうなの? マインドは完全に民主党員。二階親分と一緒で節操がない。自民党政権は頑張ってほしいけど、この人はちょっと…。岸田首相も少しは考えてほしい。

政教分離という言葉があってですね…

辞任したほうが、しかし 毎日、毎日、自民の醜聞聞かない日はないね

キッシー内閣で新キャラ登場? それにしても、すごいなぁ。マジで?

漫画の裏の見出しみたいな記事だなぁ

嫌われてるのは確かなようだ。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。