【対中国】志位氏「軍事で対応すれば悪循環で危険。外交的な批判をすべき」→ 立花氏がバッサリ…(※動画)

ピーチ太郎2ndさんのツイート

志位和夫
中国の軍事大国化に対し、こちらも軍事で対応すれば悪循環で危険。外交的な批判をすべき

立花孝志
志位さんは『話し合え』と言うが、相手はしっかりとした武力を背景にしなければ、話し合いに乗ってくる相手ではない。相手の武力の合わせた自衛力を持つ事が生命・財産を守る為に必要

立花孝志


立花 孝志は、日本の政治家、YouTuber。「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」党首。立花孝志ひとり放送局代表取締役。マツコ・デラックス被害者の会株式会社代表取締役社長。渡邉エージェンシー所属タレント。
生年月日: 1967年8月15日 (年齢 54歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

なるほど、共産党はたまに中国を批判していたが、やっぱり中国と打合せ済みだったんだな

立花さん、討論するとまともな意見を連発しますね。

立花先生がもし全精力を政権獲得に傾けたらひょっとして実現させられるのではないか、、

立花さん、正論です

なんか凄いまともな事言ってますね。

まともなこと言うてるやん

流石に命に関わる問題 本当の意味での野党はこうあるべきなんだよな



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを