米俳優アレック・ボールドウィンさんが映画撮影で銃誤射… 女性スタッフが死亡、監督も負傷

米、映画撮影で銃誤射2人死傷 俳優ボールドウィンさん

▼記事によると…

・米俳優アレック・ボールドウィンさん(63)が21日、西部ニューメキシコ州サンタフェ郊外の映画の撮影現場で女性スタッフ(42)を小道具の銃で撃ち、女性は搬送後に死亡が確認された。監督のジョエル・ソウザさんも負傷。

・関係者の話として、リハーサル中に弾薬の種類について把握しないまま銃の引き金を引き、2人に命中したと伝えた。女性は腹部を、ソウザさんは肩をそれぞれ撃たれたとみられる。

2021年10月22日 12時42分
https://news.livedoor.com/article/detail/21069665/

アレック・ボールドウィン


アレック・ボールドウィンは、アメリカ合衆国の俳優、プロデューサー、司会者。
生年月日: 1958年4月3日 (年齢 63歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

実弾使うシーンって何?着弾シーン?それなら俳優が居る時に撮らんか?んじゃ超スローカメラ的なので俳優が撃ってる銃から弾が出る瞬間的な?今なら本物レベルのCG使えるだろ?やっぱ実弾は謎。。

こう言う事件に対して例のライフル協会がどういう見解なのかが気になる所です。

リハーサル中に実弾入れてるスタッフが悪い...とはいえ、コレは後味が悪いし、スタッフも浮かばれない。悲しい事件だ

ブルースリーの息子のブランドンリーの誤射の死亡事故を思い出した...。

古畑任三郎でこういう事件あったな あれは日本刀だったけど

だから銃口を人に向けるなと…

なんで2回も撃ったのか気になる。音が違うから実弾だと一発で分かると聞いたけど

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。