韓国、初の国産ロケット(約1900億円)打ち上げるも目標軌道に投入することに失敗 → 文大統領「立派な成果を挙げた」

韓国初の国産ロケット、軌道投入に失敗 文大統領「立派な成果」

▼記事によると…

・韓国は21日夕方、初となる国産の人工衛星発射用ロケット「ヌリ号(KSLV-II)」を打ち上げた

・搭載した1.5トンの衛星の模型を高度700キロで分離させるまでは順調だったものの、模型を目標軌道に投入することに失敗した

・ヌリ号は全長47.2メートル、重量200トンの3段式のロケット

・総事業費約1兆9600億ウォン(約1900億円)を投じ、2010年から開発された

・文在寅大統領は「惜しくも目標を完全に達成できなかったが、最初の打ち上げで立派な成果を挙げた」と強調した

2021年10月21日19時53分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021102101041&g=int

ヌリ


ヌリもしくは計画名KSLV-IIは、大韓民国の韓国航空宇宙研究院 が開発中の人工衛星打ち上げ用液体燃料ロケット。「ヌリ」は韓国の古い言い回しで「世界、世」を表す言葉で2018年9月に命名された。2021年10月21日に初めて打ち上げられたが模擬衛星の軌道投入に失敗した。2022年5月に再挑戦する予定である。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

エッ?

高額な花火を打ち上げる。

北の足下にも及ばない立派な成果だ。

でっかいロケット花火だなオイw

「失敗しても立派な成果だ」ってトップが応援してくれるの、イイナ…と思った

失敗は決して無駄ではないからね。次に活かせば良い。

最初は失敗、初期には失敗が多い。これを糧にして、さらによいものを作ればよい。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。