ジョンソン英首相、日本に2030年までの石炭火力発電廃止を要求

COP26、石炭火力廃止が議題に 欧州で加速、日本には逆風

▼記事によると…

・月末に英北部グラスゴーで開幕する国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)では、石炭火力発電の段階的な廃止が主要議題となる。これを背景に、温室効果ガスを大量に排出する石炭からの脱却を早める動きが欧州で加速している。一方、脱石炭の道筋を示すことができない日本への逆風は強まりそうだ。

・ジョンソン英首相は「かつて石炭に電力を依存した英国の経験が示すように、脱石炭は可能だ」と訴え、先進国は30年まで、発展途上国も40年までの石炭火力廃止で合意するよう呼び掛けている。

・英首相官邸によると、ジョンソン氏は13日の岸田文雄首相との電話会談でも、COP26の前に日本国内の石炭火力廃止を確約するよう要求。しかし、日本政府は7月に公表した「エネルギー基本計画」の改定案でも、電源構成に占める石炭の割合を30年時点で19%と設定している。

2021年10月20日20時32分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021102000839&g=int

ボリス・ジョンソン


アレクサンダー・ボリス・ド・フェファル・ジョンソンは、イギリスの政治家。第77代イギリス首相、第28代保守党党首。ジャーナリスト、歴史家、庶民院議員を2期、第2代ロンドン市長を歴任し、その後再び庶民院議員、テリーザ・メイ政権での第18代外務・英連邦大臣などを経て、2019年7月23日に第28代保守党党首に選出。
生年月日: 1964年6月19日 (年齢 57歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

中華製の原発購入した英国に言われたくないですぅ。

内政干渉、大きなお世話。

原子力発電しかないな。

ガンガン原発回せってか?

押し付けんなよ

なんで日本なの?

内政干渉する国はTPP加入却下。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。