立憲・枝野氏、ミサイル発射時に首相と官房長官不在で批判「危機意識欠如」

枝野氏 ミサイル発射時に首相と官房長官不在で批判「危機意識欠如」

▼記事によると…

・立憲民主党の枝野幸男代表は19日、東京都内での街頭演説で、北朝鮮のミサイル発射時に岸田文雄首相と松野博一官房長官が東京を離れていたことを「危機意識の欠如だ」と強く批判した。

・枝野氏
「岸田首相は(衆院選の)東北遊説に、官房長官は選挙区の千葉にいた。ミサイルが飛んだ時、危機管理を担う2人とも東京にいない」

「首相と官房長官がこの国の危機管理を担っている。どちらかが在京するという長年の慣習を、安倍(晋三首相)さんの時に壊した。悪い慣習を引き継いでしまって、何も変わらない」

2021/10/19 17:04
https://mainichi.jp/articles/20211019/k00/00m/010/168000c
『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

枝野幸男


枝野 幸男は、日本の政治家、弁護士。立憲民主党所属の衆議院議員、立憲民主党代表。 旧民主党政策調査会長、民主党政策調査会長、民主党幹事長、内閣府特命担当大臣、内閣官房長官、内閣府特命担当大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣、民進党幹事長、旧立憲民主党代表などを歴任。
生年月日: 1964年5月31日 (年齢 57歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

事前予告でもあったのか?お仲間にはあったのかもね。

総理大臣不在でも普通に対応してたけど笑

は?だから急いで帰ったでしょうに。

いつもの事

いつも通りピントがズレてる

枝野さんから伝わるミサイル の怖さ。防衛費は重要。

もしかして自分達はミサイル発射されるん知ってたん?

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。