【警視庁】ウイグル弾圧犠牲者の追悼集会を妨害 中国人10人摘発

ウイグル弾圧犠牲者の追悼集会を妨害 中国人10人摘発 警視庁

▼記事によると…

・東京都内で今年7月に開かれた香港や新疆(しんきょう)ウイグル自治区などでの中国政府による人権問題の犠牲者を追悼する集会を妨害したとして、警視庁公安部は20日、威力業務妨害容疑で中国籍の男7人を書類送検した。

中国政府による新疆ウイグル、チベット、内モンゴル各自治区と香港に対する人権弾圧が強まっている中で、日本国内で行われた集会にまで中国人が組織的に妨害行為を行う事態に、警察当局も警戒を強めている。

2021/10/20 10:31
https://www.sankei.com/article/20211020-VALTMY7MUZLMJACQI6YON6R36M/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

新疆ウイグル自治区


新疆ウイグル自治区は中国北西部にある自治区です。砂漠や山が広がるこの広大な地域には、テュルク系のウイグル族を含む多くの少数民族が住んでいます。中国と中東を結ぶ古代のシルクロード交易路の一部であった名残は、オアシス都市であるホータンやカシュガルの伝統的な屋外バザールに見ることができます。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

書類送検では、ぬるすぎる!

日本は外国人にもう少し厳しく接した方がいいと思う。事なかれ主義も程々に

妨害者も暴力的行為をせずデモ申請をして合法的に抗議すれば良かったのにね。

日本の法において適切に処罰しましょう。

日本で、外国人がデモやら、騒ぎを起こして欲しくないな

ガンガン逮捕してチャイナに送り返してくれ!

さっさと妨害者らを国内から切り捨てていかんと。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。