岸田首相「今の段階で消費税は触るべきでない」「消費税を引き下げると、引き下げに伴う買い控えや消費の減退に繋がる」

今の段階で消費税触るべきでない=党首討論会で岸田首相

▼記事によると…

・衆院選公示を19日に控えて日本記者クラブ主催の党首討論会が18日開催され、与野党の党首が激論を交わした。消費減税の有無を共産党の志位和夫委員長から質問された岸田文雄首相は、「今の段階で消費税を触るべきでない」と述べ、否定的な見解を示した。

消費税は、「社会保障を支える大変重要な財源であるという思いは変わらない」とした上で、消費税を引き下げに伴う買い控えや、将来、税率を元に戻す場合の消費減退などの副作用が大きいと指摘。「経済対策については、こうした恒久財源を使うのではなく、機動的な財源を考えていかなければならない」との見解を述べた。

・また岸田首相は、分配政策を進める上での法人税引き上げについて言及し、経済・企業への影響を考えると「慎重に考えなければいけない課題」だとした。 法人税や金融所得課税は、「経済全体の活力、あるいは循環といった点もしっかり考え合わせた上で、具体的なありようを考えていくというのが道筋だ」と述べた。

2021年10月18日2:04 午後
https://jp.reuters.com/article/kishida-ctax-idJPKBN2H80C4

岸田文雄


岸田 文雄は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、内閣総理大臣、自由民主党総裁、宏池会会長、自由民主党広島県連会長。 内閣府特命担当大臣、外務大臣、防衛大臣、自民党国会対策委員長、自由民主党政務調査会長などを歴任。 中小企業庁長官、衆議院議員を務めた岸田文武は父。戦前戦後に衆議院議員を務めた岸田正記は祖父。
生年月日: 1957年7月29日 (年齢 64歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

キッシィ〜•• 違うよぉ、全く逆なのですよぉ〜。気持ちが楽になって、お買い物いっぱいするのです。。

食品とか引き下げたらいいやん。買い控えとか起こりにくいし。

下げるなら問題ないぞ

消費税下げると買物するよ〜 真逆

財務省に洗脳されてる。一時的な買い控えより、その後の消費拡大の方が大きいのが理解出来ないのか?

この理屈だと永遠に税率引き下げなんかできないだろうが あと、買い控えや消費の減退は税率を上げても起こる現象なんだが?

買い控えなんてのは短期!その後、長い個人消費の爆発が続く♪

\\SNSで記事をシェア//

X(旧Twitter)でシェアニュースを