退職理由の100%が『給料が永遠に安いから』の会社で2割が退社 → 社長の一言でさらに3割が退社してしまう…

@jojakusongokuさんのツイート

退職理由「給料が永遠に安い」が100%の会社いたことあっけどよ、見切り発車の事業が大ゴケした時に

こんな給料安いのにコケた会社とかやべえだろ

ちゅうて2割くれえ一気に辞めた時、流石に焦った社長が全社員に

キャッシュで20億あるから安心してくれ!

って言ったらさらに3割辞めてった事ある

関連ツイート

給与


給与(きゅうよ、英: salary、サラリー)は、雇用契約に基づいて雇用主から従業員へ定期的に支払われる、労働の対価報酬。 なお、類似語として賃金があるが、労働基準法の用語である。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

退職金が出そうなうちにとっとと辞めて逃げるのが正解ですね。

「社員に還元しろ!」ってのはもっともだけど、仮に社員100名規模だった場合、全く仕事取れなくても1〜2年は給料払えるぐらいの状態ではあるんだよな。ことコロナだとか社会情勢がぐらついた時にはかなり強いと思うんだけども、まあそうはならんわな。

今なら退職金は出そうだもんねw

同じこと言ってた人、人材派遣・紹介会社にいたなぁ

社員の給料不正に奪ってるの自白してて草

ちゃんと給料上げないで内部留保していただけ。

そうなるわな…

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。