カズレーザーさん「学校って何も期待するような場所じゃない」「単なる不条理の集団組織でしかない」

カズレーザー「学校って何も期待するような場所じゃない」めざまし8での発言が物議、疑問の声も

▼記事によると…

・15日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)で、お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーが学校制度に対し苦言を呈し、賛否両論を集めている。

・MCの谷原章介から「カズさん、急に黒髪にしろって言われたらどうでしょう?」と話を振られたカズレーザーは「僕、別に校則もなかったんであんまり感覚が分かんないんですよね」と苦笑いしていた。

・しかし、カズレーザーは「学校っていうのは、授業で例えば体制を打破したガンジーだったり、マンデラだとかの話を教えるわけですね」と指摘しつつ、「でも、体制とかルールを変えようっていう子を排除するのが学校というシステム」と持論を展開。

・「だから別に、学校ってそんな何も期待するような場所じゃないんで。単なる不条理の集団組織でしかないんで。今の時代の空気に合ってないですよね」と学校制度に対する自身の思いを明かした。

・さらに、カズレーザーは「そもそもだって同じ年齢でクラス作るって何の意味もない行動をずっとやっている」とバッサリ。「それをやってきた人が出世して校長先生とかになってるから変えようがないんですよね。子ども知らないから」と話していた。

2021/10/15 13:45
https://news.nicovideo.jp/watch/nw10010692

カズレーザー


カズレーザーは、日本のお笑いタレント。埼玉県加須市出身。メイプル超合金のボケ担当。相方は安藤なつ。サンミュージックプロダクション所属。本名は金子 和令。 赤い服に金髪がトレードマーク。兄と妹がいる。実家はイチゴ農家。クイズを得意としており、芸人たちからはカズ、カズレーザーと呼ばれることが多い。
生年月日: 1984年7月4日 (年齢 37歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

そりゃ学校で革命闘士作られても親も困るだろ。

日本の教育は社会の歯車になる模範人間を作るものだから多様性への寛容さなんて期待はしないほうがいい。もちろん勉学は学べるし、理が通る規則もあるけど時代遅れだったり特定の人にしか意味のないルールもある。尊敬できる大人と年をとっただけの人がいて、自分の目で尊敬すべき人を見極められるのは学校のいいところかもね。

期待しなければ怒りも湧きませんね。

極端にいうと日本の治安は過去の日本の教育で作られているので、一概に言えん

学校に行ったらゆたぼんみたいな人になれません。

無意味な校則はなくすべきだし、カズレーザーの言う事はひとつの正解ではあるとは思う。それを割り切って淡々と教師や学校もやってくれりゃいいけど、変に夢とか希望とか言うからいやになる。

学校に期待ではなく、家庭や地域社会が手を抜いた子育てのツケを学校側が背負わされてるだけだろ。過疎化著しい地域ならばともかく、教師一人頭数十人の生徒に目を配るのは無理だ。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。