眞子さま・小室圭さん、26日に都内ホテルで結婚会見 皇室ライター「秋篠宮殿下からの『乗り越えてみなさい』というメッセージ」

眞子さま結婚会見が“予定調和”ではなくなったワケ 秋篠宮さまが課した「最後の試練」

▼記事によると…

・秋篠宮家の長女・眞子さま(29)と小室圭さん(30)の結婚記者会見が結婚当日の今月26日午後、都内のホテルで行われることが宮内庁から発表された。

・これまで2人の会見は従来の皇室会見同様、選ばれた記者による事前質問形式による“予定調和”なものになると伝えられていた。会見自体も別日に実施され、それを26日当日に一斉出しするとみられていた。

 ところが、フタを開けてみれば、皇室会見では“超異例”とも言えるオープン形式での開催。宮内庁記者会以外に雑誌協会、外国特派員協会の代表者が出席するのだから、小室家に関する金銭トラブルについて厳しい質問が飛ぶことが予想される。

 これは眞子さまの父・秋篠宮殿下が2人に課した「最後の試練」と見ていい。殿下は常々、結婚について「国民が納得するカタチ」を望まれてきた。しかし、現状必ずしもそうとはなっていない。

「秋篠宮殿下としてはどこかで『けじめ』とつける必要があると考えていた。それが今回の異例の措置に表れている。会場も皇室関連施設ではなく、都内のホテル。当日の警備も相当大変なことになる。それらを含めて2人に『乗り越えてみなさい』というメッセージなのかもしれません」とは皇室ライター。

10/15(金) 12:35
https://news.yahoo.co.jp/articles/261b2bf653ee7af0167b51640d2bd216bb040a1e

眞子内親王


眞子内親王(まこないしんのう、1991年〈平成3年〉10月23日 - )は、日本の皇族。身位は内親王。敬称は殿下。お印は木香茨(もっこうばら)。勲等は宝冠大綬章。
出生:1991年10月23日(29歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

会見をすることが試練なのか 会見さえ済ませてしまえば、2人のアメリカ生活での警備費も税金から 払われ続ける そしていろいろな恩恵を受けることが可能である なんともすごく甘い最後の試練ですね

なぜ借金だけが公式の問題になり、他の法に触れる疑惑はスルーされ続けるんですか?どちらも第一報は週刊誌で同じなのに 会見では全ての問題について説明があることを願います

小室さんには野々村竜太郎議員や佐村河内守を超える伝説的な歴史的な爆笑会見を期待してます。船場吉兆の会見みたいにお母さんに後ろから囁いてもらうのもありですね。眞子さまのSTAP細胞はありまあす!的な会見でもいい。とにかく国民みんな見てるからがんばってね!!

記者も恐らく追及しない出来レース。テレビもおめでとう!と擁護ののオンパレード。ほんと茶番。この正直変な方が高級ホテルに泊まれてるのも不思議。恐らく宮内庁や宮家のお金だろうが、原資は税金。

病気を公表した眞子さまが同席してるのに、厳しい質問したら、記者が責められる可能性が高い。だから出来ない。あからさまに排除したら、何言われるか解らないから、機会はちゃんと与えたのに、聞かなかったのはそちらでしょって事にしたいんだよ。凄い茶番劇見せられそうだね。

病気の問題が出てから、ワイドショー等マスコミの扱いは不気味な程に一転したよね。

眞子さまが同席してると厳しい質問は無理だろうから、まずは小室氏1人で会見して下さい。今までずっと文書だけで逃げ続けてきたのだから、せめて最後にそのくらいの男気は見せてほしい。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。