【衆院選争点】甘利幹事長「自由民主主義か、共産主義が入ってくる政権か」

甘利幹事長、衆院選争点 「自由民主主義か、共産主義が入ってくる政権か」

▼記事によると…

・自民党の甘利明幹事長は14日、衆院選(19日公示、31日投開票)の争点について、立憲民主党が政権交代を実現した場合、共産党からの限定的な閣外協力で合意していることを踏まえ、「われわれの自由民主主義の思想で運営される政権と、共産主義が初めて入ってくる政権とどちらを選ぶのかという政権選択だ」と述べた。国会内で記者団の質問に答えた。

2021/10/14 11:02

https://www.sankei.com/article/20211014-EZ2J7BVJ75MGZC3GBEQBFGJAIM/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

甘利明


甘利 明は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、自由民主党幹事長、さいこう日本代表。
生年月日: 1949年8月27日 (年齢 72歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

「新」自由主義という名の竹中グローバリズムは却下。

自由民主(に見せかけた共産)主義の間違いだよな。

自民党の中にも共産主義者おるからなあ

日本第一主義

でも戦後の日本って民主主義に見えて実は社会主義に近かったんですよね、日本型社会主義って呼ばれてたり。でも自民党以外に選ぶところがない現実。。しかたなく選ぶしかない。

危機感が伝わるいい面構え。甘利さん、かっけー!

過言ではないねえ。中国のように真綿で首を絞めるかのように気付かないように外堀が埋め尽くされて

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。