【竹島・南京】駿台予備学校、日本史記述削除撤回へ 学校側と講師側が合意

日本史記述削除、駿台撤回へ 竹島・南京めぐり 講師と合意

▼記事によると…

・大手予備校の駿台予備学校が8月、日本史テキストの竹島や南京事件(1937年)に関する記述の一部を削除したことをめぐり、学校側が削除を撤回する方向であることが関係者への取材でわかった。

今後はテキスト執筆者や講師の同意なく改編や削除をしないことや、撤回後の措置について学校側と執筆陣で改めて協議することで、学校側と講師側が合意したという。

2021年10月14日 7時00分
https://www.asahi.com/articles/ASPBF6D56PBDUTIL02S.html
『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

駿台予備学校


駿台予備学校(すんだいよびがっこう)は、日本国内で展開している大手予備校。略称は駿台(すんだい)、駿台予備校(すんだいよびこう)。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

講師に配慮したの?

え?ありえない

まあ、予備校なら親子で話し合い行きたくないないなら行かないで済みますけど…。

昔駿台の生徒でしたが、駿台日本史科は元来極左の講師が多く、昔学生運動をしていて現在も生徒にデモへの参加などを促している福井紳一や須藤公博という講師がいます。詳しく調べていただくとわかるかと思います。

駿台予備校があくまでも竹島と南京に関する不正表現に拘るなら監督官庁が認可取り消しを含めた行政措置をとるべきだ。

全く信じられない。最終的にどうなるかは判りませんが、元々の記述と余り代わり映えしないようであれば大問題です。

政府見解と違うことを教えて良いはずがない。間違った歴史認識で、誇りを失い反日な日本人が増えるのかと思うと子どもたちの未来が心配です。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。