【法人税】高市早苗氏、企業の現預金への課税を検討

高市早苗氏、企業の現預金への課税を検討 法人税巡り

▼記事によると…

・自民党の高市早苗政調会長は13日夜、BSフジの番組で、税制について「法人税に手を突っ込む予定だ。現預金に課税するかわりに、賃金を上げたらその分を免除する方法もある」と述べ、私案として現預金への課税を検討していることを明らかにした。

「一般的な法人税をやるのか、現預金課税をやるのか。どっちにしても賃金が上がる状況をつくりたい」とも強調し、党税調で今後議論されるとの認識を示した。

2021/10/13 22:59
https://mainichi.jp/articles/20211013/k00/00m/010/285000c
『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

高市早苗


高市 早苗は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、自由民主党政務調査会長。 総務大臣、内閣府特命担当大臣、衆議院議院運営委員長、自民党政務調査会長、内閣府特命担当大臣を歴任した。
生年月日: 1961年3月7日 (年齢 60歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ダメだこりゃ

これには反対。企業が設備投資をしやすいように、規制改革と減税をするのが政府の仕事。企業を罰して無理やり設備投資をさせるよう仕向けるのは、社会主義の発想だ。

具体的で即効性を感じる意見です。

選挙前にいうきれい事は信用しない

それはあかん!

これも誰の入れ知恵だ?w GoToの高級旅館は富裕層利用だから除外とか、ところどころでヤバいことを言い出す高市氏…(¯―¯٥)

これはダメだと思う。現金だだ余りしてる企業はほんの一部だしファンドにつっこんで終わり。赤字企業にも課税されるから厳しくなる。そうならないように調整するのかもしれないけど滅茶苦茶めんどくさそう

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。