【緊急事態宣言】菅長官「一部で憂慮すべき状況だが、再宣言考えていない」

菅官房長官「一部で憂慮すべき状況だが、再宣言考えていない」

▼記事によると…

・菅官房長官は閣議のあとの記者会見で「現在の感染状況は3月、4月の増加スピードよりもやや緩慢だが、一部地域では感染拡大のスピードが増して、憂慮すべき状況であり、重症者も徐々に増加していると分析されている」

・「こうした状況を総合的に判断すると、現時点で緊急事態宣言を再び発出し、社会経済活動を全面的に縮小させる状況にあるとは考えていないが、分科会を開催して専門家の意見を伺い、引き続き、感染拡大防止と社会経済活動の両立に向けて取り組んでいく」と述べた。

・現在の状況が感染拡大の「第2波」にあたるかどうかについて
「政府として、厳密な定義を置いているわけでない。いずれにせよ、感染拡大の次なる波に万全の対策を期していきたい」

2020年7月31日 11時16分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200731/k10012542891000.html

菅義偉 プロフィール


菅 義偉は、日本の政治家。 自由民主党所属の衆議院議員であり、内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当大臣、拉致問題担当大臣である。 横浜市会議員、総務副大臣、総務大臣、内閣府特命担当大臣、郵政民営化担当大臣、自民党幹事長代行などを歴任した。 官房長官として新元号令和を発表したことから、「令和おじさん」の愛称がある。
生年月日:1948年12月6日 (年齢 71歳)
菅義偉 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

先が見えん

県レベルでやるべき

政府の無作為によって感染拡大になることが人災に違いないじゃないでしょうか。

健康があってこその、旅行ですが、トラベル由来の陽性患者が増えているとしか思えません。

今どうなるかではなく、このまま感染拡大が続いたら、政府はどう対処するのかを聞きたい。このままでは無策でやり過ごしそう😱

さすがに宣言で受ける経済のダメージを学んだか。日本の立ち位置ならこれが最適解。

政府はこれ以上、火に油を注ぐのはやめてもらいたい。

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします