共産 衆院選公約発表『コロナで収入減に1人10万円、最低賃金を全国一律で時給1500円、ジェンダー平等、選択的夫婦別姓の導入・・・日米安全保障条約を廃棄!』

共産 衆院選公約発表 コロナで収入減に1人10万円の給付金支給

▼記事によると…

・共産党の志位委員長は11日、衆議院選挙の公約を発表しました。

この中では、新型コロナによって貧富の格差が改めて浮き彫りになり、家計の支援が急がれるとして、感染拡大の影響で収入が減った人を対象に1人当たり10万円を基本に「暮らし応援給付金」を支給するとしています。

そして、消費税の税率を時限的に5%に引き下げることや、最低賃金を全国一律で時給1500円に引き上げることも明記しています。

また、医療や公衆衛生のぜい弱さも明らかになったとして、感染症や救急医療、それに保健所に関わる国の予算を今の倍に増やし、体制強化を図っていくとしています。

一方、2030年に向けた政府の温室効果ガスの削減目標は低すぎるとして2010年度と比べた削減目標を50%から60%に引き上げることや、ジェンダー平等の実現に向け、選択的夫婦別姓の導入なども盛り込んでいます。

さらに、外交・安全保障では憲法9条を生かした平和外交を行い、日米安全保障条約を廃棄して対等な日米友好条約を結ぶとしています。

2021年10月11日 18時44分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211011/k10013302391000.html

志位和夫


志位 和夫は、日本の政治家。衆議院議員。 1990年から2000年まで日本共産党書記局長を務め、2000年に日本共産党委員長に就任。以来21年間もの間同党委員長に在任している。
生年月日: 1954年7月29日 (年齢 67歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

日米同盟破棄なら、国防費は今の四倍どころでは足りないぞ。核兵器、原潜は勿論持たねばならないし、第一アメリカと対峙する覚悟が無ければ駄目だ。彼等は自分より強くなろうとする者に容赦ない。

言いたいこと日米安保廃棄、自衛隊解散ですよね?最後にしれっとホンネを漏らしちゃう独裁者。

1議席でも減らして下さい。最低賃金1500円は理想ですが、潰れるお店もあるのでは?一回ぽっきりの10万より市民税、厚生年金、水道代、ガス代数ヶ月減らす方が助かります。

一日も早く、この公安監視対象集団の消滅を願うばかりです…

日米安全保障条約を廃棄だけ守るつもりなんやね

破防法適用、解党で良いと思います。

日本壊す気マンマン

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。