中国、ノーベル平和賞の報道を規制か 速報流れるも即削除、主要メディア報じず

中国、ノーベル平和賞の報道を規制か 速報削除、主要メディア報じず

▼記事によると…

・中国のインターネットなどで8日夜、同日発表されたノーベル平和賞の受賞者に関する速報記事が流れたが、その後に削除されて閲覧できなくなった。中国当局が、強権下で「表現の自由を守るため努力をした」とノーベル賞委員会に評価されたジャーナリスト2人の受賞報道について、不適切だと判断した可能性がある。

速報を流したのは、中国の通信社である中国新聞社や中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報。中国新聞社はノーベル賞委員会が発表した直後、受賞が決まった2人を似顔絵入りで紹介した。しかし速報はすぐに削除され、一部の転載された記事以外は閲覧できなくなった。その後も、国内の主要メディアは平和賞に関して報じていない。

10/9(土) 5:31
https://news.yahoo.co.jp/articles/cbab2015314109b304c2d04f09f076f59e5a0938

ノーベル平和賞


ノーベル平和賞は、ノーベル賞の一部門で、アルフレッド・ノーベルの遺言によって創設された6部門のうちの一つ。 ノーベル賞の創設者アルフレッド・ノーベルはスウェーデンとノルウェー両国の和解と平和を祈念して「平和賞」の授与はノルウェーで行うことにした。平和賞のみ、スウェーデンではなくノルウェー政府が授与主体である。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

こういうことをしなければいけない社会をもつ国っていうのは、どうなんだろうねー。何を誇れるんでしょうか。いつも尊大で傲慢な態度だし、尊敬できるようなことが何もない。

共産党一党独裁も、経済は資本主義で、この矛盾を回避する策は、これしかないのかな?13億の国民とそれを支える経済力を手にした今、そでいて一党独裁の狂気!中国から目が離せないですね!ある意味、本当に怖い。第三次世界大戦が勃発するとすれば、絶対中国発となるでしょう!

「言論・表現・学問・報道の自由」を主張しながら、中国に忖度する国内左派の皆さん、「矛盾・ダブルスタンダード」は止めましょう。

昔から不思議でならないこと。中国といえども多数の学生を世界中に留学させてるわけだから、それらの中国人はみんな我々と同じだけ様々な情報を得ている。天安門もそうだし、ウイグルもそう。彼らは疑問を持たないのか?

表現の自由って大切ですよね、まさかノーベル平和賞を否定する、国連の常任理事国はありませんよね。

中国共産党は北朝鮮より怖い。

この国はもっともらしいことを発信するが、国民の自由を奪い習近平体制を守るためには手段を選ばない恐ろしい国だ。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。