都の営業短縮要請に、飲食店「20万円じゃ家賃も払えない」「客足戻ってきたのに…」「従いたくない」

「客足戻ってきたのに」「従いたくない」 東京都時短要請 飲食店ため息、恨み節

▼記事によると…

・小池百合子知事は30日夕から開いた記者会見で、営業時間短縮要請に応じた店舗には協力金20万円を支払うと説明したが、あるバーの男性店主(35)は「店と自宅の家賃も払えない」と、支給額が少なすぎると感じた。

営業時間を確保するため、「早めに店を開けて、午後10時に閉めようと思う」と話したが、「客足が徐々に戻ってきていたところだったのに」と不満そうだった。

同じ新宿区のホストクラブなどが感染が拡大した店舗と指摘されていただけに、別のたこ焼きバーの40代女性店員は「『夜の街』と、他の店をひとくくりにしないでほしい」と言う。

ただ、今回の時短要請について「全く営業できないとなると職を失う人も出てくるが、10時までというのなら仕方ないかも」と一定の理解を示した。

・ある大手居酒屋チェーンの担当者
「協力金が中小企業対象で、1事業者あたり20万円では全然足りない。飲食業界のことが分かっていない。4月以降の臨時休業などで財務状況は大きく悪化しており、今回は都の方針には従いたくない」

7/30(木) 20:39
https://news.yahoo.co.jp/articles/ee3beff550b0b789941e1d21f5219f47a5ccbfb1

小池百合子 プロフィール


小池 百合子は、日本の政治家。東京都知事。 アラビア語通訳者、ニュースキャスターを経て、1992年に政界へ転身した。
生年月日:1952年7月15日 (年齢 68歳)
小池百合子 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

こうして景気は劇的に悪くなる

広げるだけ広げて、口先ばっかの自粛要請で国民はついていくのか?

「従いたくない」との気持ちはよくわかる。でも、ここは抑えることに協力することが、自分たちの商売を早く戻す方法だと思う。

今は不満より、この冬に備えて行動をするべき時かも。日中の工夫しかない。

このまま何も対策しなければ崩壊確定。小池と都民ががんばればまだ防げる。都民の努力次第です。応援してますよ

従わんでいいと思うよ客に任せたらいいさ

店が対策しても、自分勝手で対策無視する客が来れば被害被る。

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを