ヴィーガン女性、健康上の理由で魚を食す「お魚さん、ごめんなさい」

「お魚さん、ごめんなさい」健康上の理由でサーモンを食べたヴィーガン女性が大粒の涙(米)

▼記事によると…

・世の中には完全菜食のヴィーガン生活を送る人が大勢いるが、アメリカでヴィーガンの女性が健康上の問題から魚を食べることを余儀なくされ、サーモンのソテーを泣きながら食べている動画をSNSに投稿したところ注目を集めた。

アメリカ在住のラマー・チャイレスさん(Lamar Chairez)が先月13日、TikTokに投稿した動画が1700万回以上の再生回数を記録している。10月に入ってメディアが取り上げたことで、さらに話題になったようだ。動画には、ヴィーガン生活を送ってきたラマーさんが新鮮なサーモンの切り身を調理して食べる様子が捉えられている。

ラマーさんはヴィーガン生活を続けてきたが、最近になって体調が思わしくないため医師に食生活を見直して魚を食べるように言われたそうだ。動画ではこのように明かしている。

「ヴィーガンになって2年になります。でもアレルギーや過敏症などを発症し、医療上の理由から魚を食べなければならなくて本当に悲しいです。それで私が食べ続けられそうな天然のサーモンを手に入れたんだけど、もうこの一口目で精神的にかなり参っています。」

「私の身体は食べるに耐えられない物を食べようとするために、更なるダメージを受けている感じがします。でも、最善は尽くすけどね(笑)。食べてしまったわ。もう今の私って、これまでに最も情けない人間だわ。お魚さん、本当にごめんなさい。」

10/7(木) 6:00配信
https://article.yahoo.co.jp/detail/1bf9406ff752c0c128940abb4c8a17c6a62fd9e3

ヴィーガニズム


ヴィーガニズムは、人間ができる限り動物を搾取することなく生きるべきであるという主義。英国にあるVegan Societyの定義によるとヴィーガニズムとは、「衣食他全ての目的に於て‐実践不可能ではない限り‐いかなる方法による動物からの搾取、及び動物への残酷な行為の排斥に努める哲学と生き方を表す。」脱搾取主義とも言う。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

それなら別に食べなくても……。生きていくために食べるのが泣くほど嫌なら、貫き通せばいいのに。

例えば家庭菜園で一生懸命育てた野菜を収穫する時には、「ああ、育てたこの手で刈ってしまうんだなぁ」と思ってしまいます。動物なら尚更でしょう。しかし、どんな生命も他の命を頂いて生きている訳で、それが出来なければ必ず死が待っています。食材に感謝して残さず頂く。これに尽きると思ってます。

生命を維持するためには、他の動植物の生命を奪わなくてはならない。それがこの地球上に生きる人間を含む動物の宿命であることを、これを機会に再認識してもらいたい。それでもヴィーガンを続けるのならそれもいいが、その考えを他の人間に強制するのは傲慢であると知ってほしい。

魚は植物なので食べてokです

「ごめんなさい」じゃなくて「ありがとう」だろ 根本が間違ってるよ

初期設定に無理があり過ぎやろ!!

そこは『いただきます』で良いだろ?

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。