台湾の国防部長が危機感「中国は25年にも台湾侵攻可能」 

「中国は25年にも台湾侵攻可能」 国防部長が危機感

▼記事によると…

・台湾の邱国正(きゅう・こくせい)・国防部長(国防相に相当)は6日、立法院(国会)での答弁で、中国軍の能力について「2025年にも本格的な(台湾への)侵攻実施が可能になる」との認識を示した。その上で、中国と台湾の軍事的緊張が過去「40年余り」で最も高まっているとし、強い危機感を示した。

・国防部が立法院に提出した報告書では、中国が25年にも台湾海峡周辺を封鎖する能力を備えるとも予測。台湾の防衛力にとって「大きな試練を迎える」と警戒感を示した。

2021/10/6 18:22
https://www.sankei.com/article/20211006-D2S4QA7MVJNA5M2JHF2AUW5DZE/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

邱国正


生年月日: 1953年4月12日 (年齢 68歳)
出生地: 台湾
現職: Minister of National Defense of the Republic of China 2021年から
学歴: 陸軍軍官学校、 国防大学、 US アーミー・ウォー大学

ネット上のコメント

こんなんで来年オリンピックやる気かよ。

もっと中国の出血をさせないと台湾侵攻が現実になる。相当な危機感だな… 日本もうかうかしていられない。台湾侵攻があると沖縄の米軍の動きを止めるため先島諸島を予防占領すると言われる。日本ももっと防衛費の上積みと集団的自衛権の確保をしないといけなくなる。

とりあえず電力不足のままにしておきましょう

シェイシェイさん、ご感想は?

まずは中国を経済的に締め付け、日本とアメリカは台湾との関係をより親密にして隙を見せないようにしておかないとね。

武漢ウィルス拡散被害の賠償金1京円以上を取り立てて中国が武力侵攻どころじゃない経済状態にすべく全人類団結して訴訟起こすべき!

中国のような覇権主義的軍事大国には戦力バランスを取るしかない、日本や台湾のような中小国は集団安全保障あるのみ。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。