ボートで少年(8)を轢き死亡させた土木会社社長「大丈夫や。弁護士を雇ったから捕まらん。ミャンマーへ逃げる」

“ひき逃げ”で逮捕…土木会社社長が自慢していた呆れたセレブ生活

▼記事によると…

・「事故から3日後、佐藤さんから『大丈夫や。弁護士を雇ったから捕まらん』と、電話がきました。別の人には、『ミャンマーへ逃げる』とも漏らしていた。人を殺した自覚があったんでしょう」

・そう語るのは福島県会津若松市の猪苗代湖でプレジャーボートによる死亡事故を起こした土木会社社長・佐藤剛(つよし)容疑者(44)の部下Aさんだ。

’20年9月6日、猪苗代湖で遊んでいた豊田瑛大(えいた)君(当時8歳)が大型プレジャーボートに巻き込まれ死亡。近くにいた母親も両足を巻き込まれ、膝から下を切断する大怪我を負った。

「物証が残りにくい水上事故とあり捜査は難航。しかし今年に入り、同乗者が事件当時の動画を提供したことで、9月14日、会津若松署が業務上過失致死傷の疑いで佐藤容疑者を逮捕した。その後の調べで、佐藤容疑者は事故後も1時間にわたってクルージングを満喫し、同乗者に対して口止めをしていたことが判明しました」(地元紙記者)

本誌が取材を進めると、逮捕までの約1年間、佐藤容疑者は罪悪感と無縁のセレブ生活を送っていたことが明らかになった。佐藤容疑者の知人男性が語る。

「佐藤は東京の勝どきにあるタワマンの最上階に住んでいて、事故の翌週も銀座の高級クラブへ通っていました。頻度も事故前と変わらず、週3〜4回。一晩で50万円は使っていたと思います。お気に入りのキャバ嬢がいて、事故当日のボートにも同乗させていました。彼女にはゴールドカードを渡し、自由にお金を使わせていましたよ」

(略)

2021年10月05日
https://friday.kodansha.co.jp/article/207828

猪苗代湖


猪苗代湖は、日本の福島県会津若松市、郡山市、耶麻郡猪苗代町にまたがる、日本国内で4番目に広い湖である。別名、天鏡湖。阿賀野川水系所属の一級河川の指定を受けており、福島県のシンボルの一つとされている。

ネット上のコメント

被害者に御冥福を。

逃げる前に逮捕でとりあえず良かった これからだけどね… 悪質だし重い刑罰でお願いしたいもんだ

刑事裁判に加えて民事訴訟も起こされるだろう 社会的制裁もあるだろうから、人生詰んだね 車と同じ。逃げたら負けよ

逃げた先で仕置人が待ってるよ。

徹底的にやってほしい こんなに腹が立つのは久しぶりな内容

ほぼ黒なのに留置すら出来ないことが正義なのか?

最低・・

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。