えんとつ町のプペル、海老蔵親子で歌舞伎化

西野亮廣『えんとつ町のプペル』が“歌舞伎”に 主人公は市川海老蔵、ぼたん&勸玄と親子共演へ

▼記事によると…

・お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が製作総指揮・原作・脚本を手掛けたアニメーション『映画 えんとつ町のプペル』が、2022年1月に東京・新橋演舞場にて新作歌舞伎『プペル~天明の護美人間~』として上演されると5日、発表された。主人公のプペルは歌舞伎俳優の市川海老蔵が演じる。

・主人公のプペルは海老蔵、玄(げん・絵本ではルビッチ)は市川ぼたんと堀越勸玄が交互出演する。また、海老蔵は物語の鍵を握る玄の父親・熊八も務め、ぼたん・勸玄と舞台でも親子役で共演する。

10/5(火) 5:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/8195a2956a15f44b899b669d81d1d9ef045dc57f

えんとつ町のプペル


『えんとつ町のプペル』は、日本の絵本。西野亮廣が脚本・監督となり完全分業制で制作した。メインイラストレーターは六七質。2021年9月時点で累計発行部数は70万部を記録している。 2020年12月25日アニメ映画版が公開された。
初版発行: 2016年10月21日
著者: 西野亮廣
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

いつまでプペルで行くんだろ、、、

異色のコラボ…海老蔵さんと西野さんの世界観て凄いね

もうめちゃくちゃや(呆れ)

おはようございます。

粋スギィ!

詐欺師と地震予言者w

プペルwww 怖すぎて絶対行かないわ。勝手にどうぞ。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。