ポストセブン『眞子さま 約1.4億円の一時金拒否でも“一時金並み”の巨額持参金の可能性』

眞子さま 約1.4億円の一時金拒否でも“一時金並み”の巨額持参金の可能性

▼記事によると…

・秋篠宮家の長女・眞子さまのご結婚の日が、いよいよ近づいてきた。宮内庁は1日、眞子さまと小室圭さんが10月26日に結婚することを発表した。婚姻届を提出後、同じ日に2人で記者会見するという。

・将来の眞子さまのお住まいには、相当に厳重なセキュリティーが求められる。眞子さまは結婚後、小室さんとともにアメリカで暮らす予定だという。海外であればさまざまな犯罪やテロのターゲットとなりかねず、日本以上に厳重な警備が必要だ。小室さんが予定通りアメリカの法律事務所で働けたとしても、賄うのは容易ではないだろう。すると、頼みの綱はやはり、ご実家である秋篠宮家なのだ。

・「例えば、品位保持のためにこれまで支給されてきた『皇族費』を“眞子さまの名義で貯金されていた”とすれば、法的には問題なく“私有財産”扱いとできます。成年前には年間305万円、成年後は915万円が支払われてきましたから、総額は約1億5000万円にも及びます。つまり、一時金を辞退しても、“一時金並み”の巨額持参金を手にできるのです。

さらに、必要に応じてご一家が秘密裏に持参金を渡される可能性は充分にあります。元はと言えば税金ですが、それを貯蓄され、運用されるなどして、ご一家には充分な蓄えがあると聞きます。そのお金が回っても、国民には知るよしもありません」(皇室関係者)

10/3(日) 16:05
https://news.yahoo.co.jp/articles/1cef6b114be7dd845d8333f11bdfd9ff75dc5b70

眞子内親王


眞子内親王(まこないしんのう、1991年〈平成3年〉10月23日 - )は、日本の皇族。身位は内親王。敬称は殿下[2]。お印は木香茨(もっこうばら)。勲等は宝冠大綬章。
出生:1991年10月23日(29歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ほっといたれ

いや、これは別にいいだろ。元が税金って言っても、公務で稼いだ金みたいなもんだろ?公務員の給料と変わらないだろ。それを貯金や投資に使おうが勝手でしょ。

どうせそんなことだろうとおもったよ もうさ、A宮家要らないから 男系継承?しらねえよ キコの息子が天皇とかゴメンだよ

こういうのを裏金っていうんてしょ? だから秋篠宮家に会計監査入れろって

別にいいんじゃない。しかし、なんとなく悪意を感じる記事だね。

なにが問題なんだろうかと考えていたけど つまり 彼女が大金を持って行くのが問題なのね あの母子に税金から出る金を渡したくないんだよね

皇室への敬愛が全く感じられない報道や声が増えた。皇室不要論親が左ではなく右から出てきた現象は興味深い。子供のためにコツコツ貯蓄したり、結婚後に援助して何がいかんのかね?

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。