【協力金20万円 】「極めて危機的事態」小池都知事、再び酒提供の飲食店などに営業短縮要請へ

小池知事「極めて危機的事態」酒提供の飲食店など時間短縮要請

▼記事によると…

・東京都内で感染の拡大が続く中、都は対策本部会議を開き、幹部職員が今後の対応を協議しました。

このなかで小池知事は「現状は感染爆発も憂慮される極めて危機的な事態で、一定の抑制が必要だ。一方で、これからのコロナとの長い闘いを見据えると、『完全に営業をやめてください』というのは現実的な選択ではない」と述べました。

そのうえで、酒を提供する都内の飲食店やカラオケ店に対して、来月3日から31日までの間、営業時間を短縮し、午後10時までとするよう要請するほか、要請に応じた中小の事業者には協力金として20万円を支給する考えを示しました。

2020年7月30日 17時32分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200730/k10012541381000.html

小池百合子 プロフィール


小池 百合子は、日本の政治家。東京都知事。 アラビア語通訳者、ニュースキャスターを経て、1992年に政界へ転身した。
生年月日:1952年7月15日 (年齢 68歳)
小池百合子 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

都政の財政はあるの?

緊急事態宣言したらええやん

営業する店が悪いんじゃなくて行く客が悪いって事はやっぱり言えないのかな。

都もテレワーク7割明言してくれ!!!

感染が拡大傾向を示していた時に、何もしなかった責任を取ってほしい。

小池は別に悪くない。都民が3密無視するからこうなる

協力金20万円で短縮営業する店あるだろうか?

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします