斎藤佑樹投手が語った引退後のビジネスプラン「球場を作りたい。海の見えるところで」

日本ハム・斎藤佑樹が語った引退後のビジネスプラン「球場を作りたい。海の見えるところで」

▼記事によると…

・日本ハムの斎藤佑樹投手(33)が今季限りで現役を引退することを発表した。

・気になるのは今後の去就だ。世間からは「スポーツキャスター転身説」や「指導者就任説」もささやかれてはいるが、斎藤本人はかねて「自分にしかできないこと、自分だからできることに取り組みたい」と語っていた。それは何か。ある一つの「壮大な夢」を明かしていた。

・「個人的には、都会過ぎないところで、海の見えるところがいいかなあ。現役を引退して時間ができたら、またその時ゆっくり考えます(笑い)」

 あの時は夢物語だった「ハンカチ球場プロジェクト」が、今ようやく始動の時を迎えるかもしれない。

10/2(土) 5:15
https://news.yahoo.co.jp/articles/b97cb70338044ffecc7351295921e898f78fcc67

斎藤佑樹


斎藤 佑樹は、群馬県太田市出身のプロ野球選手。右投右打。北海道日本ハムファイターズに所属。 早稲田実業学校高等部3年時にエースとして夏の甲子園に出場し決勝再試合の末、田中将大擁する駒大苫小牧を下して優勝した。
生年月日: 1988年6月6日 (年齢 33歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ハンカチ売ろう

建設業者になりたいとは意外だな

青山に土地買ってカイエン乗り回す夢は😢

そういうとこやぞ

まさかのビッグマウス笑

お、おう・・・

星に手が届きそうだな

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。